お知らせ

Report一覧 >

開催報告

Report一覧 >

第54代理事長松田裕紀メッセージ

跳躍

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず

 これは私が学生の頃に学んだ「方丈記」の冒頭に記されている一節です。まだ10代であった私が、殆ど変わらぬ日常と映っていた一日一日、一瞬一瞬の素晴らしさと大切さに気付き始めることとなったきっかけです。留まることなく流れる河の水の分子を一人の人間と考えた場合、行動を共にする仲間は流れとともに変化し、時に激しく、困難にぶつかりながらも一つの流れとなって力強く乗り越え、時に穏やかに、手を取り合い優しく包み込む様に流れます。しかしその困難や一つの流れとなり得た仲間、時の状況を同じくすることの決してない様は、人生と重ねることができます。
 立川JCに入会し、少しずつ学びと経験を積み重ね、その活動に本気で取り組むようになり始めた頃、この一節が自然と甦ってきました。これはJCが多種多様なメンバーで構成され、単年度制という組織形態の中で、掲げた目的の達成に向かって調和を図り、単なる要素の総和を超えた、まさに一つの大きな流れとなってその一年を駆け抜け、地域や自己の成長と進化を見出す運動体であるからこそであり、同時にこれまでの奇跡的な出会いと貴重な機会の連続を感じることで、全てに感謝することの大切さに気付かされました。

現在とは、即ち過去の集大成の連続である

 今の自分を形づくるものとは一体何であるのかを考えたとき、どれほどの恩恵の中で生かされているのかを思い知ります。これまでの私の人生のみならず、この世の全ての過去の事象が一分一秒たりとて違えば今の私はありません。すべては「過去の歴史」あってこそであり、その時代を生きた先人たちが、悠久の時間の中で未来を想い「知識や知恵」「行動と実践」を受け継ぎ進化させ、それを幾世代にも渡り繰り返してきたことで築かれた、歴史の先端となる一つの時代に、我々が存在しているに過ぎないということです。普段当たり前と感じてしまいがちな、便利な施設や子供達の遊ぶ公園、安全性の高い水や食料でさえも、すべてが数えきれないほど多くの先人達の、計り知れない地道な行動あってこその「現在」です。
 立川JCもまた、1965年に東京で2番目のJCとして誕生して以来、53年間に亘り常にこの地域や国、そして子供達の未来を想い、多くの地域の方々と協同し運動してきた長い「歴史」があります。その紡がれた「歴史」の上に立たせてもらうことで受けてきた恩恵は計り知れません。
「まちとは人」であるのと同様「立川JCとはメンバー」であり、組織名は集団を指す名称に過ぎません。長き「歴史」からなる志や誇り、そして英知や勇気、情熱はメンバーに息衝いているものです。そうであるならば、我々が真に「為すべきこと」とは、この手に委ねられた歴史に感謝し、未来に思いを馳せ、我々もまた背を伸ばしてこれに臨み、今こそ青年らしく妥協することなくその力を発揮し、次世代へと紡ぐ挑戦者であり続けることです。

和を以って貴しと為し、忤ふること無きを宗とせよ(十七条憲法)

 日本人には、古来より受け継がれてきたものの考え方として「和」の精神が根付いています。「和」とは、個人を重視せず集団における秩序や礼儀を重んじることだと言われています。しかしそれに対し「個性を無くす」「自己表現が下手になる」などと言われてしまうこともありますが、先の一文はそうではないことを教えてくれます。それは、それぞれの力を発揮した上で調和を図る、ということです。個性を発揮し、自分の考えはきちんと伝える。しかし決して偏らず、こだわらず、互いに和らぎ睦まじく話し合い調和を図ることによって、そこで得た合意はおのずから道理にかない、その集団はまさに一つの大きな流れと化し、単なる個の集合体ではなく相乗による最大の効果を生み出すことで、何事でも成し遂げられることに繋がるのです。事実、第二次世界大戦後の日本は、この「和」を以って互いに手を取り合うことで、めまぐるしい発展を遂げたと言われており、今や日本人特有のこの精神は、世界中から評価されています。
 しかし一方では昨今、日本人の「和」の精神は時代の経過とともに、本来のものとは少し違ってきているように感じます。今こそ、一人でも多くの日本人が、その身に息衝き世界中から賞賛される、この素晴らしき「和」の精神を改めて見つめなおし、理解を深める機会創出に取り組み、「和」を以って行動する人で溢れる社会を目指す必要があります。

 リベラル・ナショナリズムという言葉があります。相反する二つの概念を結合した言葉ではありますが、国における多文化共生を包含する考え方の一つとして注目されてきています。リベラリストが価値を置く自由や人権、平等といったものを現実社会で担保するためには、その前提として国家という運命共同体意識、すなわちナショナリズムがなければ実現し、維持しえないというこの考え方は、まさに「和」の精神と重ねることができるものだと言えます。

続きを読む >

公益社団法人立川青年会議所

<立川JC事務局>
TEL:042-527-1001(代)
※月~金10:00~18:30(祝祭日、年末年始を除く)
FAX:042-527-6600
〒190-0012
東京都立川市曙町2-38-5 立川ビジネスセンタービル12F